ヴァレクストラ・イジィデの定価・サイズ・使い勝手まとめ【Valextra Iside】

ヴァレクストラ イジィデ

こんにちは、ブランドバッグマニアのChloeです。

ヴァレクストラと言えば、モダンで洗練されたリュクスを体現するブランドとして、ここ数年で人気が右肩上がりです。

中でも、シンプルを極めた『イジィデ』は特に注目されています。

今日はそんなヴァレクストラ・イジィデの国別定価・値段、サイズ、使い勝手を詳細にレビューしていきます!

①日本、②ハワイ・グアムを含むアメリカ、③フランス・パリやイタリア・ローマを含むユーロ圏(ヨーロッパ)それぞれの定価を比較しているので、旅行の際には是非チェックしてみてください♪

スポンサーリンク

ヴァレクストラ・イジィデの誕生秘話

ヴァレクストラは1937年にイタリア・ミラノで誕生しました。

View this post on Instagram

A post shared by Antonia (@antoniamilano) on

イジィデのモデルが発売されたのは2011年とまだ日が浅いにも関わらず、その完成度の高さから今日ではブランドを代表するアイコンとして不動のトップに君臨しています。

ヴァレクストラ・イジィデのサイズと国別定価・値段

①日本、②ハワイ・グアムを含むアメリカ、③フランス・パリやイタリア・ローマを含むユーロ圏(ヨーロッパ)それぞれの定価を比較しました。

サイズ (cm) 定価
高さ マチ 日本円¥ 米ドル$ ユーロ€
イジィデ ミニ 22.0 16.5 12.0 345,000 2,650 2,150
イジィデ ミディアム 26.0 20.0 12.0 405,000 2,980 2,480
イジィデ ラージ 31.5 23.5 16.5 450,000 3,550 2,850
イジィデ マキシ 35.0 25.0 17.0 NA 4,650 3,850

海外旅行に行く予定の人の参考になれば嬉しいです。

人気色

1番人気の定番カラーは、なんといってもクリーンな造形を美しく際立たせるホワイトです。

そこからイジィデの魅力にハマり、エフォートレスなクリーム系カラーや、差し色にぴったりなビビッドカラーを揃える人も多くあります。

View this post on Instagram

A post shared by Tkloves (@tkloves) on

また、期間限定で発売される限定カラーも、人とカブらないバッグとして高い人気があります。

素材

イタリアのブランドらしい、艶やかでハリのある天然レザーのカーフスキンが使用されています。

View this post on Instagram

A post shared by @projectluxe on

ナロー過ぎないその質感が、レディライクでありながらもモードなシャープさを併せ持つ雰囲気を生み出しています。

ヴァレクストラ・イジィデの定番性・流行り廃りの有無

シンプルでクセのないデザイン性には、エイジレスな魅力があります。

トップがフラップ型なため、フォーマルなシーンでも活躍できそうな永遠の定番フォルムと言えるでしょう。

View this post on Instagram

A post shared by ne_ung (@ne_ung) on

ただ、モード感の強い幾何学デザインの入っている限定モデル等は、現在のモード系ウェアのトレンドの収束とともに出番が少し減っていくかもしれません。

ヴァレクストラ・イジィデの使い勝手

使い勝手を用途、耐久性に分けてまとめました。

用途・容量

定番モデルはマキシ(日本未発売)、ラージ、ミディアム、ミニ、マイクロの5パターンのサイズ展開で、様々な用途やスタイルに対応することができます。

付属のベルトを利用すれば、ショルダーとしても使用可能です。

最も大きなサイズであるラージでもその重量はわずか900gのため、バッグ自体の重さを気にすることなくコーディネートにセレクトできます。

耐久性

しっかりとした艶のあるカーフスキンで、フォルムキープ力があります。

重さのある荷物を収納しても、型崩れすることなくさらりと持ち運ぶことができます。

View this post on Instagram

A post shared by ne_ung (@ne_ung) on

雨が心配な日には、専用のクリアなレインコートを纏わせることもできるので、水濡れについても安心です。

芸能人の愛用者

テイラースウィフトが、ホワイトのコートに鮮やかなパープルのイジィデを携えている写真が最も有名なのではないでしょうか??

テイラーのグッドガールなコーディネートに、モードなエレガンスを添えています。

他にも、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィクトリア・ベッカム、ジェニファー・ガーナーなど名だたるファッショニスタのセレブが愛用者だと言われています。

メリット・デメリットまとめ

最後に、メリットとデメリットに分けて知っておきたいポイントをまとめますね。

メリット

  • 飽きの来ないソリッドなデザイン
  • 多彩なカラー展開とサイズ展開
  • どんなシーンにもマッチする一品
  • ハンドバッグスタイルだけでなくショルダースタイルでも使用できる
  • その日のコーディネートに合わせてカジュアルさ加減の調整が可能
  • ブランドロゴが全面に押し出されていなくても、一目で良いものだと分かる逸品

デメリット

  • 大人気の定番バッグであるがゆえに、人とカブる可能性
  • バッグチャームやスカーフなどを合わせて、一味違った味付けを楽しんでみる必要あり

ヴァレクストラ・イジィデまとめ

定番のモード系バッグをお探しの方には、ぜひこのヴァレクストラ・イジィデをオススメします。

1度手に取って合わせてみれば、きっとあなたも色違い、サイズ違いでワードローブに加えてみたくなるはずです。

ちなみに・・・


毎月違うブランドバッグをレンタルできるのはラクサス だけ!

>>記事を読む




また、いらないバッグを売るならオークション形式で複数店から同時に無料で査定を受けられるラクーダ がおすすめです♪

>>記事を読む



掲示板開設♪あのバッグの使い勝手を質問しよう!

シェア頂けるとうれしいです(^^)

BRAND TALKをフォロー!

スポンサーリンク