ディオール・サドルバッグの定価・サイズ・使い勝手まとめ【Dior Saddle Bag】

ディオール サドルバッグ

こんにちは、ブランドバッグマニアのChloeです。

バッグの流行は、ファッションのトレンドの変化と一緒に変わっていくものですが・・

ここ最近、再び人気が復活してトップトレンドへ返り咲いているのが、ディオール・サドルバッグです。

今日はそんなディオール・サドルバッグの国別定価・値段、サイズ、使い勝手を詳細にレビューしていきます!

①日本、②ハワイ・グアムを含むアメリカ、③フランス・パリやイタリア・ローマを含むユーロ圏(ヨーロッパ)それぞれの定価を比較しているので、旅行の際には是非チェックしてみてください♪

スポンサーリンク

ディオール・サドルバッグの誕生秘話

ディオール・サドルバッグの生みの親は、鬼才デザイナーとして知られる、あのジョン・ガリアーノです。

2000年の春夏プレタポルテコレクションで発表されるないなや、セレブがこぞって愛用したことなどから、世界中で爆発的な人気を博しました。

そして、2018-19年秋冬コレクションで新作が発表されたことにより、いま再び注目を集めています。

ディオール・サドルバッグのサイズと国別定価・値段

①日本、②ハワイ・グアムを含むアメリカ、③フランス・パリやイタリア・ローマを含むユーロ圏(ヨーロッパ)それぞれの定価を比較しました。

海外旅行に行く予定の人の参考になれば嬉しいです。

サイズ (cm) 定価
高さ マチ 日本円¥ 米ドル$ ユーロ€
サドルバッグミニ(マットカーフ) 21.0 18.0 5.0 363,000 2,950 2,300
サドルバッグ(マットカーフ) 25.5 20.0 6.5 429,000 3,600 2,800
サドルバッグミニ(キャンバス、カーフスキン) 21.0 18.0 5.0 297,000 2,700 2,100
サドルバッグ(キャンバス、カーフスキン) 25.5 20.0 6.5 374,000 3,350 2,600
サドルバッグ(デニム) 25.5 20.0 6.5 440,000 3,700 2,900

人気色

ディオール・サドルバッグと聞いてまず思い浮かべるのは、全面トロッター柄のキャンバス生地のデザインだと思います。

ヴィンテージ版、新作版ともに、押しも押されぬ圧倒的1番人気のカラーです。

View this post on Instagram

A post shared by John J. Lee (@johnjunglee) on

また、新作版の中では、ウォッシュ加工を施されたデニムエンブロイダリーのデザインが注目を集めています。

使い込むうちに経年変化も期待でき、これからも長く楽しめるであろう逸品です。

View this post on Instagram

A post shared by Trendencias (@trendencias) on

素材

ディオール・サドルバッグの素材には大きく分けて、キャンバス生地、デニム生地、レザー生地の3種類があります。

レザーはカーフスキンをベースとして、エンボスやマットなどさまざまな加工が施されています。

いずれの素材も、擦れや汚れへの強さを保ちながら、固すぎない滑らかな使用感が特長です。

View this post on Instagram

A post shared by ALYSSA LENORE • NYC/NJ (@alyssa.lenore) on

ディオール・サドルバッグの定番性・流行り廃りの有無

ディオール・サドルバッグは、2000年の爆発的ヒットにより、既に定番のアイコニックな存在になりました。

中でもキャンバス生地のトロッターデザインのものについては、今、2000年モデルがユーズドの世界で高値で取引されているように、今後もブームが下火になったとしても、引き続き高い価値を持ち続けることと思われます。

ディオール・サドルバッグの使い勝手

使い勝手を用途、耐久性に分けてまとめました。

用途・容量

横幅については、ノーマルサイズで25cm、ミニサイズでも21cmあるので、長財布をお使いの方でもすっぽり収めることができます。

更にハンカチや薄手のポーチを入れても大丈夫なほどの容量がありますので、ちょっとしたお出かけのハンドバッグとしてピッタリです。

View this post on Instagram

A post shared by V A L E R I É (@valeriececiliex) on

厚みについては、いずれのサイズのものでも5〜6cm程度なので、ペットボトルのような厚みのあるものを入れるのは型崩れ防止のために控えた方が良いでしょう。

耐久性

キャンバス生地、デニム生地、レザー生地ともに耐久性はピカイチです。

擦れや汚れに強く、小雨程度の水濡れも大丈夫でしょう。

フタがフラップ式のシンプルな構造のため、通常の使用の中での傷みも少なく抑えられます。

底のフチ部分については鋭角な構造となっているので、そこだけは一点に強い摩擦の力が掛からないように気を付けておきましょう。

View this post on Instagram

A post shared by (@diyannahsyfqh) on

芸能人の愛用者

海外セレブの愛用者と言えば、サラジェシカパーカーやビヨンセが有名です。

ハイファッションを好むファッショニスタとして知られる2人が愛用しているということで、ディオール・サドルバッグの使い勝手の良さとセンスの高さがはかられますね。

メリット・デメリットまとめ

最後に、メリットとデメリットに分けて知っておきたいポイントをまとめますね。

メリット

  • 懐かしくも新しい定番デザイン
  • ハードユースにも耐える上質な生地
  • お出掛けにぴったりのサイズで使い勝手抜群

デメリット

  • トロッター柄については大流行デザインであるため、人とカブる可能性あり
  • 底のフチ部分だけは擦れ劣化に注意

ディオール・サドルバッグまとめ

ディオール・サドルバッグは、この先もずっと大事にしていける大定番バッグです。

生地違いやサイズ違いで揃えてシーンに合わせた使い分けをしたり、ショルダーベルトを追加してイメージに緩急を付けるなど、楽しみ方がいっぱい。

ぜひあなたもひとつ手に入れてみてはいかがでしょうか。

Chloe

ちなみに・・・


毎月違うブランドバッグをレンタルできるのはラクサス だけ!

>>記事を読む




また、いらないバッグを売るならオークション形式で複数店から同時に無料で査定を受けられるラクーダ がおすすめです♪

>>記事を読む



掲示板開設♪あのバッグの使い勝手を質問しよう!

シェア頂けるとうれしいです(^^)

BRAND TALKをフォロー!

スポンサーリンク