セリーヌ・ラゲージの定価・サイズ・使い勝手まとめ【Luggage】

セリーヌのラゲージ

こんにちは、Chloeです。

初めて登場した時は、斬新なデザインだなーと思った記憶がある、セリーヌ・ラゲージ。

爆発的な人気を経て、セリーヌのアイコンバッグになりましたよね。

今日はそんなセリーヌ・ラゲージの国別定価、サイズ、使い勝手を詳細にレビューしていきたいと思います!!

スポンサーリンク

セリーヌ・ラゲージの背景

2010年に元・クロエのデザイナーであったフィービーによって発表されたラゲージ。

人気に火がついたのは、有名モデルに注目されはじめた2011年以降です。

サイズ展開も豊富で機能性も高く、今までなかったとても特徴的なデザインが、ブロガー等のファッショ二スタをとりこにしました!!

サイズ・定価

海外旅行に行く予定の人の参考になれば嬉しいです!

サイズ (cm) 定価
高さ マチ 日本円¥ 米ドル$ ユーロ€
ラゲージ・ナノ 20.0 20.0 10.0 305,000 2,700 1,900
ラゲージ・マイクロ 27.0 27.0 15.0 360,000 2,900 2,250
ラゲージ・ミニ 31.0 31.0 18.0 385,000 3,100 2,400

上記はすべて定番のドラムドカーフというカーフレザーのモデルの値段になります。

他のフランスブランドに比べても価格差が大きいような気がしますね。購入を検討している場合はパリ旅行も可能であれば視野に入れたいです・・・!

メタリックやスムーススキンは若干値段が変わってきますので参考までにどうぞ!

人気色

ブラックは当然鉄板なのですが、トープなど、淡くどんな服装にも合わせやすいカジュアル目なお色が人気です。

発売当初はバイカラーが定番人気だったと思いますが、最近はワンカラーのシンプルなものが人気を集めている印象ですね。

View this post on Instagram

A post shared by . (@mi.chua.k) on

定番性

良い意味でも悪い意味でも(?)独創的で、クラシックなデザインではないので、シャネルのマトラッセのような定番性はないです。

しかし、ブランドのアイコンバッグとして定着しているため、数年前の爆発的な流行が過ぎた後も長く使っていける一生ものバッグではないでしょうか。

使い勝手

用途

王道カジュアルや、キレイ目カジュアルコーデにしっくりくる素材感や色使いです。

View this post on Instagram

A post shared by 原田 佳代子 (@kayoko.harada_) on

とはいえ、特にナノサイズはちょっとした会食やデートに合わせると女らしさを格上げしてくれるような上品さもあるので、コンサバ目なコーディネートにも合わせやすいこと間違いなしです。

耐久性

型崩れは比較的しやすく、経年劣化がある程度目立ちやすいデザイン・素材だと言えます。

とはいえ、ものすごくカチッとしたバッグではないので、少し使ってくたっとなっても全く問題ないデザイン。

むしろ味が出て可愛いと思います。

定番のドラムドカーフは、傷が目立ちにくいのでそこは安心ですね。

セリーヌ・ラゲージまとめ

いかがでしたか?

ころんとした独特のフェイスにカジュアルコーデにマッチする多彩な色展開が本当にかわいいセリーヌ・ラゲージ。

セリーヌのアイコンバッグは出来たらひとつ持っておきたい自慢アイテムです。

Chloe

ちなみに・・・


毎月違うブランドバッグをレンタルできるのはラクサス だけ!

>>記事を読む




また、いらないバッグを売るならオークション形式で複数店から同時に無料で査定を受けられるラクーダ がおすすめです♪

>>記事を読む



掲示板開設♪あのバッグの使い勝手を質問しよう!

シェア頂けるとうれしいです(^^)

BRAND TALKをフォロー!

スポンサーリンク