セリーヌ・クラシックボックスのおすすめコーディネート10選【Celine】

クラシックボックスのコーディネート

数々のブランドアイテムの中でも、ロゴやモチーフの主張が控えめで、お洒落上級者の必需品と名高い、セリーヌ・クラシックボックス。

究極のシンプルを突き詰め、ミニマリストを感じさせるその風貌は、あらゆる場面でコーディネートを格上げしてくれます。

今日はそんなセリーヌ・クラシックボックスを使ったおすすめコーディネートをご紹介します!


ブラック系

View this post on Instagram

A post shared by @93_0920

青のボーダーのトップスが印象的なコーディネート。

ショートパンツにノーヒールのパンプスというヘルシーなスタイルですが、ボーダーのトップスのマリン調のルックにクラシックボックスのレトロ感がマッチしています。

カジュアルでありながら、きちんと感を漂わせる、抜け感コーディネートです。

View this post on Instagram

A post shared by eri (@eri.khtn)

暗めトーンのコーディネートにデニムを合わせたマニッシュなスタイル

クラシックボックスは、フォルムのレトロさと艶のあるテクスチャーで、飾り気がないのに女性らしさを滲ませることができるので、こういったボーイッシュなスタイルに相性抜群です。

足元まで黒で揃えることでさらにハンサムさが増して、シンプルで、媚びないお洒落なスタイルが完成します。

View this post on Instagram

A post shared by eri (@eri.khtn)

モダンなファーとバッグのクラシカルな雰囲気のギャップが素敵なコーディネート。

ファーの色をアーバンな雰囲気を持つチャコールにすることで、より一層バッグとの相性が増します。

黒いファーだともっとフォーマルな雰囲気、白のファーだともう少しあどけない雰囲気になるので、目指す雰囲気に合わせてファーの色を変えてみるといいかも。

足元をデニム×スニーカーにすることで、カジュアルさがミックスされて、親しみやすいコーディネートになります。

View this post on Instagram

A post shared by LANDWARDS (@landwards_ec)

個人的に好きなのが、白ニット×クラシックボックスの組み合わせ

白ニットの持つ女性らしい柔らかな雰囲気とクラシックボックスのハンサムなフォルムがとてもよく合うので、白ニットを着るときはつい、クラシックボックスを選んでしまいます。

モテの王道、白ニットにクラシックボックスのシンプルで媚びのないデザインは、男ウケも女ウケも抜群。

とくに白ニットはこのコーディネートのようにざっくりとしたケーブル編みのものも選ぶと、レトロ感が出て統一感のあるスタイルにまとまります。

アクセサリーはクラシックボックスの金具に合わせて、ゴールドで統一するとごちゃごちゃせずに、シンプルに付けられますよ。

View this post on Instagram

A post shared by MIKI (@_miki0124_)

レモンイエローのコートが主役のコーディネート。インナーをオールブラックでまとめた上級者コーデです。

オールブラックコーデは生地感がもたつくと野暮ったくなってしまうので、こちらのコーディネートではトップスに透け感のあるレースを合わせてボトムスとテクスチャーを変えることでおしゃれにまとめています。

足元はクラシックボックスと同じブラック×ゴールドを合わせてコーデのアクセントに。

足首を見せる丈感のボトムスを合わせて抜け感を残してくださいね。

ブラウン系

View this post on Instagram

A post shared by S. (@iro_______s)

ベージュ~ブラウンのクラシックボックスを手に入れたら挑戦したいのがオールベージュコーデ。

クラシックボックスがシンプルでありながらきちんとしたエレガントな雰囲気を持ち合わせているので、カジュアルになりがちなオールベージュコーデを簡単にまとめることができます。

トップスの前丈を短く、足元をロールアップして足首を見せることで、女性らしさを失わず、洗練されたスタイルに。

ホワイト

ホワイトのクラシックボックスにはニットを合わせるととても女性らしく仕上がります

ざっくりとしたケーブルニットを合わせるとかなりガーリーな雰囲気になるので、ボトムはブラウンでトーンダウンさせるのがおしゃれ。

でも、手首足首はしっかり見せて女性らしさをアピールしてくださいね。

こんなガーリーなコーディネートにもホワイトのクラシックボックスはぴったり。

カジュアルにも使えるゆるっとしたモヘアのニットはクラシックボックスに合わせると一気にレディ顔に変身。

華奢なアクセサリーと特別感のあるサンダルを合わせてエレガントなスタイルでまとめると、高級レストランのデートを思わせるようなフォーマルなコーデに仕上がります。

View this post on Instagram

A post shared by @birkin_celine_01

また、ホワイトのバッグといえば、やはりやりたくなるのがオールホワイトコーデ!

クラシックボックスがとてもシンプルでつるんとしたテクスチャーなので、コーディネートも一連の生地感で合わせると統一感が出ます。

せっかく白の色味がきれいなので、マニキュアやペディキュアに赤を差し込むととても女性らしくて素敵ですよね。

他カラー

View this post on Instagram

A post shared by @koro_m_1234

バーガンディのクラシックボックスは他カラーよりもさらにレディな雰囲気

だからこそここはモノトーンコーデを合わせたいところ。

透け感のあるシンプルなノースリーブシャツに足元は肌見せの多いサンダルを選ぶことで、夏にクラシックボックスを合わせても重たくならず、レディな雰囲気に仕上がります。

胸元はVネックをチョイスするとさらに女性らしく見せることが出来ますよ。

View this post on Instagram

A post shared by hiromi_____h (@h_____.rm)

くすみのあるグリーンのクラシックボックスはどこか80年代を思わせるクラシカルな雰囲気。

だからこそ幾何学模様など、レトロな柄物との相性は抜群。

くすみカラーのバッグを主役にしたいので、ネイビーのアウターにベージュのブーティーで、どこにも強い色味を持ってこないのがおしゃれ術のひとつ。

コーデ全体がまとまって見えるので、レトロでクラシカルな雰囲気に仕上げることが出来ます。

まとめ

どんなスタイルにもクラシカルでレディな雰囲気を与えてくれる、セリーヌ・クラシックボックスのコーディネートいかがでしたか?

色や大きさによって与える印象が変わるので、自分らしい一品を探したいところ。

エレガントにも、ハンサムにも使えますので、ぜひ色々なスタイルを楽しんでみてくださいね!