カルティエ・ラブブレスの定価・サイズ・使い勝手まとめ【Cartier LOVE】

カルティエ ラブブレス

こんにちは、ブランドバッグマニアのChloeです。

1847年、フランスのパリで誕生して以降、世界のジュエリーブランドの中でも随一の存在感を見せるカルティエ。

そんな老舗ブランドの顔として1970年の誕生以降、人気を集め続けているのが『カルティエ・ラブ』コレクション。

中でもブレスレットは2016年のGoogle検索ランキングのジュエリー部門で一位になるなど、今もなお、世界中の注目を集め続けています。

今日はそんな『カルティエ・ラブブレス』の国別定価・値段、サイズ、使い勝手を詳細にレビューしていきます!

①日本、②ハワイ・グアムを含むアメリカ、③フランス・パリやイタリア・ローマを含むユーロ圏(ヨーロッパ)それぞれの定価を比較しているので、旅行の際には是非チェックしてみてください♪

View this post on Instagram

A post shared by Cartier Official (@cartier) on

スポンサーリンク

カルティエ・ラブブレスの誕生秘話

カルティエのラブコレクションは、1970年に当時のデザイナー、アルド・チプロが古代の戦士たちが戦に出陣する際、自らの妻に“貞操帯”をつけさせたという伝説をもとにデザインしました。

「愛の絆」と「束縛」の意味を込めたビス(貞操帯の鍵)のモチーフは恋人へ永遠の愛を誓うアイテムとして発売当初から人気を集めました。

そして、ペアジュエリーや結婚指輪としてラブコレクションは様々なアイテムを生み出していきます。

中でもブレスレットは、大きなラウンドシェイプが「途切れない愛」を表わしているとして、大きな人気を博しています。

一番スタンダードな形のものは、付属のスクリュードライバーでねじを回さないと付け外しできない仕組みになっており、恋人に付け外ししてもらうアクセサリーとして、そのロマンチックなコンセプトがより一層ラブブレスを魅力的にしてくれています。

View this post on Instagram

A post shared by Cartier Official (@cartier) on

カルティエ ラブブレスのサイズと国別定価・値段

①日本、②ハワイ・グアムを含むアメリカ、③フランス・パリやイタリア・ローマを含むユーロ圏(ヨーロッパ)それぞれの定価を比較しました。

ラブブレスには様々なシリーズがありますが、きょうはスクリュードライバー付きの定番ラブブレス・そのサイズ違いのラブブレスSMをご紹介します。

View this post on Instagram

A post shared by Cartier Official (@cartier) on

ラブブレスSM(幅3.65㎜)スクリュードライバー付き

日本円
イエロー・ピンクゴールド 473000 3650 4050
ホワイトゴールド 506000 3900 4350
イエロー・ピンクゴールド(ダイヤモンド6個) 698500 5350 販売なし
ホワイトゴールド(ダイヤモンド6個) 748000 5750 販売なし
イエロー・ピンクゴールド(ダイヤモンド10個) 940500 7250 8100
ホワイトゴールド(ダイヤモンド10個) 999900 7750 8650
パヴェ イエロー・ピンクゴールド(ダイヤモンド177個) 2904000 22300 24900
パヴェ ホワイトゴールド (ダイヤモンド177個) 3102000 23800 26700

ラブブレス(幅6.7㎜)スクリュードライバー付き

日本円
イエロー・ピンクゴールド 731500 5600 6300
ホワイトゴールド 748000 6050 6750
イエロー・ピンクゴールド(ダイヤモンド4個) 1174800 9050 10100
ホワイトゴールド(ダイヤモンド4個) 1245000 9650 10800
イエロー・ピンクゴールド(ダイヤモンド10個) 1702800 販売なし 14600
ホワイトゴールド(ダイヤモンド10個) 1808400 販売なし 15600
パヴェ イエロー・ピンクゴールド(ダイヤモンド177個) 4699200 39100 40100
パヴェ ホワイトゴールド (ダイヤモンド177個) 5029200 50500 56000

海外旅行に行く予定の人の参考になれば嬉しいです。

人気、素材

ラブブレスは紐状やバングルタイプなど、沢山の種類が作られていますが、やはり人気が高いのはスクリュードライバーが付いたラウンド形状のもの。

色は3種類(イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド)、大きさは2種類(ラブブレス、ラブブブレスSM)あり、ダイヤモンドの数によって値段が変わります。

一般的に女性はピンクゴールド、男性はイエローゴールドが人気のようです。

ダイヤモンドが177個ついたパヴェシリーズはギラギラで、一般的なラブブレスのイメージとは大きく違います。

腕の細さや似合う色など、ご自分に一番似合うものを探してみてくださいね。

View this post on Instagram

A post shared by Cartier Official (@cartier) on

カルティエ・ラブブレスの定番性・流行り廃りの有無

ラブブレスのシンプルなフォルムと上品なモチーフは流行り廃りなく使い続けられるでしょう。

現に1970年の発表から50年経ってもいまだに世界のセレブたちを魅了し続けています。

また、なかなか取り外しにドライバーを使う手間がかかることから長い間つけっぱなし、という人も多いよう。その点を考えても廃りなく使い続けられそうですね!

カルティエ・ラブブレスの使い勝手

紐状のものやバングルタイプではなく、オーソドックスなラブブレスは取り外しにスクリュードライバーが必要。

なかなか一人で付け外しするのは難しそうです。

ただ、このアクセサリーのテーマは「束縛」。付けてくれる恋人がいる人にはとてもロマンチックなアクセサリーですよね!

また、素材はすべて18Kのゴールドなので、そのままお風呂に入っても錆びることはありません!

ただし、硫黄系の入浴剤には注意して下さいね。

View this post on Instagram

A post shared by Cartier Official (@cartier) on

芸能人の愛用者

こちらの商品は非常にたくさんの愛用者がいます。

日本では浜崎あゆみさんが二色付けされていることで話題になりました。

View this post on Instagram

A post shared by ayumi hamasaki (@a.you) on

他にも、板野友美さん

平子理沙さん

View this post on Instagram

A post shared by 平子理沙 RISA HIRAKO (@risa_hirako) on

元東方神起、JYJのジェジュンは彼女とおそろいでつけていたそう。

お金への明け透けな発言で話題になった加藤紗里さん

View this post on Instagram

A post shared by 加藤紗里(かとうさり) (@katosari) on

など、多くの芸能人が長きにわたって使い続けているのがわかります!

やはり、ペアで付ける方が多いので、芸能人がラブブレスを付けていると、相手は誰だ、と毎回ネット上で話題になっています。

メリット・デメリットまとめ

最後に、メリットとデメリットに分けて知っておきたいポイントをまとめますね。

メリット

  • 他のジュエリーにはないロマンチックなコンセプト
  • 一生使える
  • シンプルで飽きのこないデザイン
  • ステータスになる
  • 水に強い
  • 色と形がたくさんある

デメリット

  • 付けはずしが大変
  • 硫黄系の温泉などに入る際は外さなければならない
  • 値段が高い

View this post on Instagram

A post shared by Cartier Official (@cartier) on

カルティエ・ラブブレスまとめ

いかがでしたか?

アクセサリーとしてはかなり高価なラブブレスですが、
スクリュードライバーで付け外しする『束縛』というコンセプトはとてもロマンチック。

永遠の愛を閉じ込めたいステキな恋人ができたら、ぜひおそろいでつけたいです…!

View this post on Instagram

A post shared by Cartier Official (@cartier) on

Chloe

ちなみに・・・


毎月違うブランドバッグをレンタルできるのはラクサス だけ!

>>記事を読む




また、いらないバッグを売るならオークション形式で複数店から同時に無料で査定を受けられるラクーダ がおすすめです♪

>>記事を読む



掲示板開設♪あのバッグの使い勝手を質問しよう!

シェア頂けるとうれしいです(^^)

BRAND TALKをフォロー!

スポンサーリンク