エルメス・コリエドシアンの定価・サイズ・使い勝手まとめ【HERMES】

エルメス コリエドシアン

こんにちは、ブランドバッグマニアのChloeです。

高級ブランドの中でも、革製品で他ブランドと一線を画すHERMES

バーキンやケリーといったバッグだけでなく、エルメスはアクセサリーにも非常に力を入れており、世界的にも人気があります。

そのなかでも、根強く人気を博し続けているピラミッドの形をしたスタッズが付いたシリーズ、「コリエドシアン」。

ブレスレットから誕生したこのコレクションは、ベルトやリング、スカーフなど様々な製品が発表されています!

今日はそんなエルメス コリエドシアンの国別定価・値段、サイズ、使い勝手を詳細にレビューしていきます!

①日本、②ハワイ・グアムを含むアメリカ、③フランス・パリやイタリア・ローマを含むユーロ圏(ヨーロッパ)それぞれの定価を比較しているので、旅行の際には是非チェックしてみてください♪

View this post on Instagram

A post shared by Luxury Garage Sale (@luxurygaragesale) on

エルメス コリエドシアンの誕生秘話

コリエドシアンはフランス語で「犬の首輪」という意味。

誕生は1927年、ある女性常連客が犬の首輪のようなブレスレットが欲しいと要望したことから、ピラミッドのスタッズを付けたデザインが誕生。

この年はエルメスが腕時計を発表した年でもあり、コレクションではブレスレットが多く発表されました。

当初はもう少しスタッズの数が多く、派手なデザインだったそうですが段々とシンプルに変遷し、今の形になったものがコリエドシアンと呼ばれるようになったそうです。

今ではリングやスカーフといった多くのシリーズが発表されており、エルメスを代表するラインのひとつです。

エルメス コリエドシアンのサイズと国別定価・値段

①日本、②ハワイ・グアムを含むアメリカ、③フランス・パリやイタリア・ローマを含むユーロ圏(ヨーロッパ)それぞれの定価を比較しました。

コリエドシアンは現在スカーフやリングなど様々なコレクションが発表されていますが、ここでは一番初めに発表された、ブレスレットについて比べていきたいと思います。

腕周りのバングルの長さが3種類ありますが、値段は全て同じです。

日本円¥ 米ドル$ ユーロ
シルバー 535,700 none 3050
レザー 171,600 1125 995
オンブル 211,200 1375 1230
24シリーズ 112,200 730 650

海外旅行に行く予定の人の参考になれば嬉しいです。

素材

コリエドシアンのブレスレットの素材は大きく分けてシルバー、レザー、オンブルの3つです。

シルバー

コリエドシアンのアイコンであるスタッズとバングル部分が統一され、すべてシルバーで覆われたメタリックなシリーズ。

ブレスレットは非常に高級感があり、少しロックな印象を受けます。

またシルバーはリングのデザインもあるので、シリーズ使いするならシルバーです!

View this post on Instagram

A post shared by Hermès (@hermes) on

レザー

コリエドシアンの代名詞と言えるシリーズ。

スタッズ部分にはシルバー、ゴールド、ピンクゴールドがあり、レザーバングルは様々なカラー展開があり、限定品も多く出ます。

なかでも人気はノワール(黒)やエルメスのブランドカラー、オレンジ!色によって印象が全然違うので、色違いで持ちたくなる商品です。

個人的に一番好きなのは、ゴールド×アプリコット!裏面がエルメスカラーになっていてとても可愛いです!

オンブル

オンブルはリザード(トカゲ)の皮を使用した製品で、日本で人気のあるデザインの一つです。

繊細で光沢のある鱗がエレガントなイメージを与える、ひと際高級感の高いシリーズです。

色味も落ち着いているので、男性からの人気も高く、ユニセックスに使えるカラーかと思います。

View this post on Instagram

A post shared by Lee Showalter (@perfectionperfectedtwice) on

エルメス コリエドシアンの定番性・流行り廃りの有無

1927年の発表から、現在に至るまで様々なカラーや素材が生み出され、どんどん進化を遂げていくコレクションですので、定番性は高く、流行に左右されず、長く使うことが出来る商品だと思います。

ただ、レザーのシリーズはカラーも比較的カジュアルなものが多いので、色味によっては年を重ねると少し使いづらくなるものもあるかもしれません。

特に、毎年夏ごろに限定で発表されるZIGZAGシリーズなどは、季節感も限定されてくるので、「なるべく定番」のシリーズで、「あまり主張が強くないカラー」を選ぶのが、長く使うコツになりそうです!

View this post on Instagram

A post shared by Hermès (@hermes) on

エルメス コリエドシアンの使い勝手

使い勝手を用途、耐久性に分けてまとめました。

コリエドシアンのデザインはカジュアルにもエレガントにも使用できるので、フォーマルにも、ファッションのアクセントにも使えるアクセサリーだと思います。

また、シルバーやオンブルはユニセックスに男女兼用しても使うことが出来るシリーズです!

そして、エルメスの革製品はきちんと保管すれば傷みも少なく、長く使えることで有名。

コリエドシアンも例に漏れず、きちんとお手入れをすれば、過度な心配をせずに使うことが出来そうです!

ただ、シルバーに関しては細かい傷などがいきやすい素材だという声も。着用の際には気を付けた方がよさそうです。

芸能人の愛用者

コリエドシアン、さすがはエルメスのアイコン的アクセサリーということもあり、多くの芸能人が着用しています!

矢田亜希子さんや梨花さんはご自身のブログなどにも載せられていました。

また、男性芸能人の着用も多く、三代目JSBの登坂広臣さんは雑誌でノワールのブレスレットを何度も着用されていました。

そしてシルバーのリングはジャニーズの藤ヶ谷太輔さんも着用されています!

好きな男性芸能人とおそろい★なんてのも素敵ですね!

View this post on Instagram

A post shared by CBL Bags with Stories (@cblbags) on

メリット・デメリットまとめ

最後に、メリットとデメリットに分けて知っておきたいポイントをまとめますね。

メリット

  • 一流ブランドエルメスの代表的なアクセサリー
  • たくさんのカラー、素材で好みに合ったものを選ぶことが出来る
  • カジュアルにもラグジュアリーにも使えるデザイン
  • ユニセックスに性別を選ばず使える

デメリット

  • 色によってはTPOを選んでしまう
  • 素材によっては傷がいきやすいことも

エルメス コリエドシアンまとめ

いかがでしたか?

世界を牽引する革ブランドのエルメスで長年愛され続けているコリエドシアンシリーズ。

フランスのシャンゼリゼ店では毎年クリスマスの時期になると入店して最初に目に入るコーナーにコリエドシアンのモチーフが置かれるぐらいブランドの顔ともなっている商品。

ブレスレットにしては少し高価ですが、いつか必ず手に入れたい一品です!

View this post on Instagram

A post shared by Howdy 👨🏻‍💻 (@jshi809) on

Chloe

シェア頂けるとうれしいです(^^)

BRAND TALKをフォロー!